イーストメディック | 研究機器・医療機器輸入及び販売/研究機器開発/保守

会員用販売ページ

BIO-NVX 36/52

DCデジタル多用途脳波アンプ

概要

32or48の単極チャンネルとセンサー用の4つのAUX両極チャンネルを備えたEEGの分野での研修、研究開発のためのDCデジタル多用途脳波アンプです。

フィルターを細かく設定できるため、脳波だけでなく、筋電図、心電図など様々な電気生理信号を同時に収録することが可能です。

New!胃電図、腸電図が新規ソフトウェアにより、クリアに記録できるようになりました。

無線での操作や、LSLでのデータ出力によるMATLABやOpenViBE等での解析・処理により、BMI/BCI研究開発への利用にも適応しています。

特徴

  • 各チャネルNVX増幅器は、入力段のDCゲインと個々の24ビット含むシグマ-デルタADC毎秒50,000回に信号同期をデジタル化
  • EDF +、BDF +、GDF、EEG、SM のファイル形式でデータ保存可能
  • 9chの外部トリガー入力、1chの外部トリガー出力が可能
  • リモートデスクトップ操作による無線環境での使用が可能
  • LSLによるリアルタイムデータ出力により、MATLAB、OpenViBE等のソフトウェアでの解析・処理が可能で、BMI/BCI研究開発への適応が可能

カタログ(PDF)

データ

BIO-NVX52で胃電図を収録・スペクトラム解析を行ったデータです。
胃電図解析

BIO-NVX52用いてASSR音刺激中のwavelet解析をしたデータです。
1秒間に40回のサイン波と、矩形波との2種類の刺激を比較しています。
ASSR解析